info@eoa.country +81-50-5240-7965
お知らせ
ウェブサイトの移転に関するご説明
2017年12月7日
0

平素より本総代表部のウェブサイトをご覧いただき、誠にありがとうございます。

さて、既に公式Twitter(@Austenasia_jp)でもご報告させて頂きました通り、当サイトは2017年11月30日をもってhttps://www.austenasia.or.jp/より移転して運営しております。

突然のサイト移転となりましたことを関係の皆様にお詫びするとともに、移転をせざるを得ない状況に至りました経緯をご説明いたします。なお、本記事に掲げる日時は特記する場合を除き全て日本時間です。

2017年6月11日に、駐日大使が着任したことを受け、在日友好・通商・文化交流組織として本総代表部を同日設置し、同12日にGMOインターネット株式会社を管理指定事業者としてaustenasia.or.jpドメインを、組織種別「外国の在日友好・通商・文化交流組織」にて取得、翌13日にサイトを正式に開設する運びとなりました。

9月3日、.jpドメインのドメイン名レジストリである株式会社日本レジストリサービス(以下「JPRS」)より、管理指定事業者を通じて本総代表部に対し、情報正確性の確認の通知がございました。この際、JPRSからは「ご登録組織様の登記事項全部証明書」の提出を求められましたが、本総代表部は日本法に基づく設立登記法人ではなく、したがって当該書類を有していないため、対応期限日とされた同18日までに、これに応じませんでした。

その後、本総代表部は外交業務を所管する外務省(The Forign Office)に、外交法に基づく大使館に準ずる機関としての認可を申請し、世界紀元7526年(西暦2017年)9月21日(現地時間)勅令にて設置認可を受けました。しかし、オーステナジアと日本国は国交を有しておらず、したがって駐日大使は外交関係に関するウィーン条約に基づくアグレマンを受けておらず、本総代表部は外交慣例上のいわゆる大使館とはみなし難い組織であると判断し、JPRSへの登録内容の変更を行いませんでした。

11月22日、JPRSより本総代表部・大使あてに「JPドメイン名登録取り消しのご通知」と題する内容証明郵便(平成29年11月22日第12461565896号書留内容証明郵便物、以下「内容証明」)が送付されました。内容証明は、「公刊された文献や国及び地方のホームページを確認」したところ本総代表部のドメイン名登録資格が確認できなかったとして、本総代表部の「「外国政府機関」であることを証明する該当国の在日大使館発行の文書」の対応要請に対して本総代表部が応じなかったと主張しています。その上でJPRSは、書面到達後14日以内に「登録資格を確認できる在日大使館発行の文書」を提出するよう求めました。

これを受けて、本総代表部は同23日付で、世界紀元7526年9月21日勅令のコピーをJPRSへ提出しましたが、同29日、JPRSより当該書類では登録資格を確認できない旨が電子メールにて通達されました。

本総代表部では、これ以上のJPRSとの交渉ならびにaustenasia.or.jpの継続運用は不可能と判断し、同29日付でGMOインターネット株式会社を管理指定事業者としてeoa.countryドメインを取得、翌30日にサイトを移転いたしました。

12月7日現在、austenasia.or.jpは継続して稼働しておりますが、同8日以降にJPRSの定める「属性別(組織種別型)・地域型JPドメイン名登録等に関する規則」第31条に基づき登録が抹消され、使用できなくなります。

本総代表部は、austenasia.or.jpドメインの登録にあたり、「外国の在日友好・通商・文化交流組織」を組織種別としておりますが、JPRSは9月3日、資格確認のために「登記事項証明書」の提出を要求しました。一方で11月22日には、JPRSは自社が「「外国政府機関」であることを証明する該当国の在日大使館発行の文書」の提出を求めたと主張しています。すべての外国政府機関は日本法に基づく設立登記法人でないため、登記事項証明書を用意することはできません。したがって、これは明らかに矛盾しており、JPRSの主張は不当なものであると本総代表部は考えます。

また、11月22日にJPRSが提出を求めた「登録資格を確認できる在日大使館発行の文書」は、日本国と国交を有さず、大使館を設置していないオーステナジア帝国の機関が用意できるものではありません。この対応が他の未承認国家の機関に対しても行われるものであるならば、それは国交のない国家の機関が.or.jpドメインを取得する権利を奪うものであり、断固容認し難いものであります。本総代表部はJPRSによる一連の対応について深い遺憾の意を示すものです。

今後、本総代表部はeoa.countryドメインを主に使用して活動し、一層のコンテンツ拡充に尽力して参ります。関係各位には多大なご迷惑をおかけしまして誠に申し訳ございません。重ね重ねお詫び申し上げます。

2017年12月7日
駐日本国オーステナジア帝国総代表部