info@eoa.country +81-50-5240-7965
皇居で独立記念日記念パーティが挙行
2018年9月16日
0

現地時間の15日、ライス市内の皇居で独立記念日記念パーティが挙行された。

ジョナサン一世・オーステナジア皇帝陛下とその父母がパーティを主催した。政府広報オーステナジア・タイムスが報じた。

議場に、オーステナジア国旗が掲揚された。

皇帝陛下は、ワイルドフラワーメドウスのハンナ王女、アダミアのアダム一世皇帝、フランドレンシスのモリス外相らと各貴族、未承認国からの特使らを迎接した。

パーティでは、はじめてライスを訪れた大半の訪問者も暖かく迎えられ、有効的で活発な議論が展開された。

参加者は建国10周年記念硬貨を与えられ、数人の出席者には貴族位や騎士団の地位が皇帝陛下より授与された。

パーティ終了後、出席国の元首にはライス条約に署名する機会が与えられた。